Connect with us

Hi, what are you looking for?

Gaming

New Worldのプレイヤー数が1ヶ月で半減したというニュースが報じられているので訂正したい

私も頻繁に見ている日本のゲーム系ニュースサイトで、New Worldのプレイヤー数が1ヶ月で半減したというニュースが出ていましたが、ゲーム業界でマーケティングや運営業務に携わっている身として、そして何よりNew Worldめっちゃハマってる日本人の一人として、「ちょっとそれは正しくないかもよ?少なくとも不安を煽るような状況じゃないと思うよ?」という心の声を、電子の海に書きなぐっておきたいと思います。

MMORPGというジャンルのゲームにおいて、人口が少ないかどうかはプレイヤーにとって関心が高い話題ですので、New World気になっていて情報を検索している日本人がいたとして、一人でも多くの人にこの駄文が届けばこれ幸い。めっちゃ面白いから気になったならプレイすることを検討してみてね!

急激な減少は起きていないと考えられる

当該記事では「人口の急激な減少がある」と断言されているが、それはいささか言い過ぎじゃないかと考えます。まず、記事にもある通りSteamDBの情報を参考にすると、リリース初期で同時接続者数90万人という記録的な数値を叩き出したNew Worldですが、リリースから約1ヶ月が経過してそれが40万人程度まで減少しているということです。SteamDBのデータ自体はゲーム会社からの公式な数値じゃないのでそれを実数値と言うことは出来ませんが、参考値にはなるということでSteamDBデータの良し悪しについてはここでは触れないことにします。基本的にゲームに限らず世の中の人は「新しいもの」に飛びつく傾向が強い。飛びついた後にその商品は「新しいものではなくなる」ことから徐々に人は関心を失っていく。リリース後1週間で壊滅的な状態に陥るゲームも世の中に多く溢れるこの時代、New Worldのプレイヤー数が1ヶ月で減少していることは言うまでもないでしょう。ですが、ここでは「プレイヤー数が半減した」というインパクトある報道について少し細かく見ていきたいと思います。

MMORPGで特に顕著なスタートダッシュという文化

MMORPGというジャンルにおいて、他のゲームと比べても「スタートダッシュ」という文化が強いものであるのは皆さんなんとなく肌感で分かると思います。プレイヤー同士のコミュニケーションが特徴の大部分を占めるこのジャンルにおいて、他のプレイヤーより強い、知識が豊富、レベルが高いなどの優越感や優位性を得るために、MMORPGプレイヤーの中で製品がリリースした瞬間から寝食の時間を削ってでもゲームをプレイし続ける、という人は少なくないでしょう。しかしながら、2021年11月現在でレベル上限が60というこのゲームでは、効率的にプレイすれば、おそらく100から150時間程度のプレイ時間でレベル60に到達する人も多いでしょう。そうすれば、それらのプレイヤーは「早くレベル60に到達すること」よりも「戦争で勝つ、レアアイテムをゲットする」など、プレイ時間も重要ですが知識や熟考が必要なコンテンツへと興味関心を移動させ、不足していた食事や睡眠の時間も徐々に正常なペースへと戻っていくことでしょう。

世界には時差があるため同時接続数に影響が出る

加えて、スタートダッシュを頑張るプレイヤーがアメリカ、ヨーロッパ、アジアなど世界中にいることによって「同時接続者数が異常値になる」現象が生まれやすいことも容易に想像出来ます。例えば日本の朝ごはんの時間にアメリカでは夜ご飯を食べている人がいて、イギリスではゲームを終えて就寝している人が多いでしょう。しかしながら、すべての地域で少なくないプレイヤーが前述した「スタートダッシュ」に勤しんだ結果、日本では一睡もせず朝日を浴びながらプレイする人がいて、アメリカではピークタイムで多くの人がプレイしていて、イギリスではこれから寝ずに朝まで戦うためエナジードリンクを買い込んで狩りに勤しむプレイヤーがいることでしょう。そうすれば、実際のプレイヤー人口は変わらないにも関わらず、生活時間帯が異なる多くの人が同じ瞬間にゲームにログインしている、つまりは「同時接続者数が異常値になる」現象が起きます。「同時接続者数」というのはゲームの盛り上がりを示す指標として非常に優れている一方で「短期的な増減に一喜一憂しては本当の意味でのそのゲームの人気を見失ってしまう」という特性があることに注意が必要でしょう。

実際のプレイヤー数減少は報道よりずっと緩やかだと考えられる

私はAmazon Gamesに勤務しているわけではないので正確なことは言えませんが、上記で述べたことなどを考慮すると「実際のプレイヤー数」は半減しておらず、その減少傾向は報道よりずっと緩やかだと考えられます。賭けが成立するなら持ちコイン全額ベットして老後は自然が美しい小さな町でNew Worldしながら過ごしたいです。本当に起きている現象を私なりに表現するなら下記のような感じでしょうか。

New Worldにおいて、リリース1ヶ月時点では徐々にプレイヤー数が減少しているが、ある程度の維持に成功している優秀なゲームだと考えられる。同時接続者数の半減から、離脱していないプレイヤーの多くがエンドコンテンツにたどり着いてプレイ時間が落ち着いていると考えられるので、今後は不具合の改善や新コンテンツの実装などで、いかに既存プレイヤーの熱を維持出来るかがAmazon Gamesの腕の見せ所となりそうです。

ちょっと信者感溢れる文章になってしまっているのは、個人ブログなので許して欲しいw

不具合の多さから不満が噴出しているのは事実

ただし、元記事でも触れられている通り、重大な不具合がリリース後から絶え間なく発生しており、たくさんのプレイヤーがそれに対する不満を噴出させているのは事実でしょう。ゲームの規模とリリース直後であることを考えると同じ業界に生きる者として理解は出来つつも、やはりここは改善していって欲しい部分ですね。スピード感も大事ですが、その結果QAやチェック体制が疎かになってパッチ後にまた別の問題が出るのも悩ましい。Amazon Gamesさん頑張って!

繰り返しですが、私は元記事を批判したかったわけではないですが、一人のファンとして、より正しいと思われる内容で状況を書き記して、日本語対応していないこのゲームで、一人でも多くの日本人が一緒にNew Worldの冒険を楽しめればと思っています。それではみなさん、Aeternumでお会いしましょう!

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like

Gaming

例のごとく、日本語では共有されないけど興味深く貴...

Gaming

もう何度これ言ったか分からないですが信じられない...

Gaming

New Worldではプレイヤーは3つのうちのい...

Gaming

New Worldの公式フォーラムでは各国の言語...

Copyright © 2021 抵抗してもムタリスク